RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ご案内の難しさ
朗読劇を脚色させていただき、舞台に関わるのは5年ぶり。

で、久しぶりの方にもご案内をさせていただきました。
なかなか連絡する機会がないかたにも、
生存連絡を兼ねて。

ご都合が合わなくても、お返事くださる方々と旧交を温めたりして、ルンルンしてました(*‘ω‘ *)

しかし、ある方からのご返信でハッとしました。

『…あのぉ、年賀メールも送ってこないで、いきなりこんなメール送ってくるのは、どうかと思います。
あなたの常識を疑います。』

クリエイティブな仕事をしたい、と
夢を抱かれている方で、知人にご紹介されたのですが、数ヶ月ほどご無沙汰していました。

私はご案内を受け取り慣れ?していて、
周りも同じような感覚の方が多いです。

いけないときは生存確認として読み、行けるときはご連絡。

そのパターンが染み付いていましたが、
ご不快に思われる方もいらっしゃると学びました。

またひとつ、やらかしました。
反省です…。

ちなみに喪中につき、今年はご挨拶を控えておりました。
同じく、ご不快に思われた方がいらっしゃいましたらお詫び申しあげます。
どうかご容赦ください。





author:藤井香織, category:覚え書き, 12:50
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:50
-, -, pookmark