RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
やたらキラキラした『アジアドラマカンファレンス』へ

すっかり過日のことですが、福岡で行われた『アジアドラマカンファレンス』に参加させていただきました。

アジア各国の脚本家・制作者が集い、ドラマの現状について語らうアツイ二泊三日です。

まずは贈賞式。

各国の優秀なドラマ関係者が受賞、ご登壇され、華やかなパーティーが。

バイリンガルの通訳さんがサポートにいらしているにもかかわらず、


語学に疎い私は、隣の席のシンガポールのかたや、席を譲ってくれた中国の方にニヤニヤするだけ。

日本語すら怪しいので、常々ボディーランゲージです。。。

翌日は『マルチプラットホーム時代のドラマコンテンツの課題』という議題で、

アジア各国の映像発表、制作過程、視聴の現状について大会議。

日本からはHuluオリジナルドラマについての制作過程、現状について、

Netflix配信の『火花』『グッドモーニングコール』の制作過程が発表されました。


※写真は各番組サイトより

とくに恋愛ドラマはどこの国も根強い人気ですが、ヒロイン像、共感ポイントなどはそれぞれ。

お国によっては女性解放がテーマのものが人気だったり、価値観がすこしずつ違っていて面白い。

韓国の脚本家、パク・ヘヨンさんが、

「ネットでドラマが見られる現状。でも、そこだけを意識してドラマを作るのは違う」

というお話は印象的でした。

この日は、受験合宿並みのスケジュール。

ある方の知識では「1時間座りっぱなしだと寿命が22分縮まるらしい」とのこと。
今日はだいぶ死にましたね〜。と、みんなで笑顔。

妙な達成感と連帯感が生まれました。

しかし、日ごろ、小さな国の片隅でジメジメと抱えている問題が、一気にぶっ飛びました。

世の中は広く、価値観も多様で、国は関係なく面白いことをしたいと集まっているのがこの世界。

まだまだ、夢のある未来形の業種だと思えてキラキラしました。

国内の制作陣、大先生がたとも初対面。

誰かと誰かは必ずつながっていて、参加のみなさまにご縁を感じます。

また、東京でお会いしましょう(^^)

博多の町ネコさん。

author:藤井香織, category:覚え書き, 12:17
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:17
-, -, pookmark