RSS | ATOM | SEARCH
ハタチやそこらじゃ終わりません
先日、電車で10代の人たちの会話が聞こえた。
「来年ハタチとか信じらんない。ウチらも年取ったよね〜」
「いや高校出た時、アタシ終わってっから」

大丈夫!
その倍生きても終わらないから!!
わたし、生きてますから〜〜!!

ちなみに、うちのバアさんは現在97才。
昨年、大腿骨を骨折し、寝たきりになるかと思われましたが、、
即手術!即リハビリ!
3ヶ月後には歩いて帰ってきたのです。
もはや超人の域に入ってきました。
毎回、帰省から戻る際に
「今生の別れかもしれん」
と、手を握ってくれますが、うちの両親より元気です。
たまに杖を忘れてしまうほど、達者なご様子。
正月の帰省では、娘時代の写真を見せてくれましたが、
軽く80年前の姿でした。
80年前を語るってどんな気分だろうか?

死に別れることにも慣れ、
アルバムの中のほとんどが故人でした。
戦時中に嫁入りしてるので、
歴史的な局面もかなり鮮明に記憶しています。
大正生まれ、昭和を生き抜いて、平成が終わり、新しい時代へ向かう祖母。


そんな祖母が、若い時に祖父に買って貰った着物を引き継ぎました。
軽く五十年は前のもの??


とりあえず着ました。

人生は長い。
ハタチやそこらで終わるわけないよっ!
と、電車内にいたお嬢様方に申し上げたいのでありました。
author:藤井香織, category:我が日常, 13:29
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:29
-, -, pookmark