RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
青春アドベンチャー『また、桜の国で』一挙再放送!

2017年に放送されたオーディオドラマ『また、桜の国で』が再放送されます。

5月6日(水)14:10〜 NHKラジオ第一放送(AM局)にて、

全15話を一挙放送です!

番組詳細はこちら→https://www.nhk.or.jp/audio/html_se/se2017016.html

このドラマは、須賀しのぶ先生の長編小説を脚色させていただいたものです。

第二次世界大戦が勃発し、世界が分断された時代――。

ナチスに蹂躙されるポーランドで、日本人外務書記生が人々の想いをつなぐために奔走する物語。

昨今の状況にも通じるドラマで、この人物たちに想いを馳せると、

ほんとうに人が大事にするべきものは何だろうか。

今また、心の素養が問われる時代が来たな、と思います。

未来永劫、忘れたくないことが詰まっているお話です。

聴き逃し配信もございますので、ぜひおうち時間にお聴きください!

※以下番組HPより

出演者の写真出演者の写真

【出演】

井上芳雄 中川晃教 坂本真綾 鈴木壮麻
亀田佳明 栗原英雄 菅生隆之 豊田茂
水野ゆふ 秋山エリサ 長谷川敦央 谷田歩
山本道子 粟野史浩 梶原航 林次樹
山本与志恵 佐古真弓 石橋徹郎 今泉舞
藤村真優 杉村透海 山崎智史 青木柚
山田瑛瑠 小嶋一星

【原作】

須賀しのぶ

【脚色】

藤井香織

【音楽】

山下康介

【スタッフ】

演出:藤井靖
技術:林晃広 山田顕隆
音響効果:石川恭男

author:藤井香織, category:-, 11:42
-, -, pookmark
祖母サキコ超人伝説
我が家のご長寿さん、祖母サキコ。
今年の夏に、白寿を迎えます。


さすがに95歳を超えてからは病院のお世話になりがちですが、
その回復力、生命力、強運にはおどろくばかり。

祖母サキコは94歳のとき、娘(私から見たら伯母)を亡くし、
そのショックのせいか、95歳で直腸ガンが見つかりました。
しかし、ずいぶん良い位置にあり、開腹せずお尻から内視鏡でツルッと摘出。
転移もなく、無事帰宅しました。

97歳の誕生日前夜には、大腿骨骨折。
よせばいいのに、家族の役に立ちたいと洗濯物を取り込んだら足が滑って転んだそう。。
寝たきりを覚悟したものの、ロッキー並みにリハビリに励み、
三ヶ月後、歩いて帰ってきました。
杖をつけと言っても、すぐにどこかに忘れて来る始末。
やれやれ、相変わらずです。

そして98歳の昨年末。
着替えようとベッドから立ち上がり、転倒。
手をついた途端、右肩を骨折。。
痛い痛いと大騒ぎになり、救急搬送されました。
こうした骨折はボルトを入れる手術をするらしいですが、
高齢者に麻酔は難しいとの話。

もう、骨はくっつくかどうか分からないし
ギブスをして大人しく車椅子生活をするしかない。
そうなると、やっぱり基本は寝たきりになるのかなあ。

でも、家族の諦めをヨソに、祖母サキコは「少しでも良くなるなら」と、手術・リハビリコースを選択。
術後1か月で腕を上げ下げして、もう不自由なさそうでした。。

そして、先日のこと。
腸閉塞を起こしてしまい、鼻から腸まで管を通されることに。
数日間、絶食を余儀なくされ、祖母がついにボケました。

「捕まるから逃げなさい!!」
見舞いに来た家族を逃がそうとします。
記憶が戦時中まで戻ってしまったのです。

暗闇で空中に向かい、ぶつぶつ喋り続ける祖母サキコ。
看護師さんをつねったり、チューブを抜こうとするから拘束されてしまいました。

それを見た家族はショックを受け、 「もう諦めるしかない」と、妹が泣きながら電話をしてきました。

でもなあ。。
私には、あの祖母サキコがこのまま終わるとは信じがたい。
戻ってくるんじゃないか?と、諦めずにいたところ、
やはり、期待通り3日後に生還したのでした!

自分のせん妄などつゆ知らず「こんな夢を見た」と、ボケていた間の話を披露したそうです。

でも、拘束されていた時のグローブを見つけた時は、
「こわい!夢に出てきた手袋が、あそこに見える!」 と、ホラー並みに戦慄したそうです。

私が見舞いに行ったら、
「コロナが移るから出歩いちゃダメ!」
「手洗いうがいとマスクをして!」と逆に心配されました。

枕元には、週刊誌と虫眼鏡。
ニュースは頭に入っているようです。


祖母サキコには、まだまだ超人伝説を更新してもらいたいです。
author:藤井香織, category:覚え書き, 16:26
-, -, pookmark
あったかいもの。
ある方の短編ドラマを書かせていただくことになった。

ひと月前に、心が無になるような一件があったこともあり、
今回お声をかけてもらった時は、内容も聞かず、即お引き受けした。
が、蓋を開けたら、私が大好きな方の自伝だった。
神様はいる!!

しかし、短編とはいえ、誰かの歩んだ道を描くということに少し身構えるところがあった。

いいドラマにしなくちゃ。
OKしてもらわなくちゃ!

鼻息荒く意気込んでいたら、その方に
「あったかいものを作りましょうね」とお言葉をいただいた。

「あったかいもの」というのが、お人柄を表しているようで、
とても気持ちがホッコリしました。

あたたかいものを作る。
年始の目標ができました。

今年はたくさんの人に出会えて、いい年になりました。
どなた様も、メリークリスマス!!
author:藤井香織, category:覚え書き, 17:01
-, -, pookmark
『夜の停車駅2020新春』が三が日に放送されます

夏にも特番で放送された、音楽と朗読をお届けする番組『夜の停車駅』が、正月三が日、新たな物語で三夜連続で放送されます。

1話目は1月2日(元日の深夜)0時〜「憂鬱な分身」

2話目は1月3日(2日の深夜)0時〜「雪山の幻想」

3話目は1月4日(3日の深夜)0時〜「思い出のBAR」


時間帯は日付が変わる深夜0時〜0時50分まで ですので、お間違いなく(^^♪


番組ホームページ→より。
【番組紹介】

エッセイ風の物語をクラシックの名曲を交えてお届けします。

語り手は、テレビや映画、舞台で活躍中の俳優・佐々木蔵之介。

スクリプトは、数々のラジオドラマを手がけている脚本家・藤井香織がミステリアスな新作3話を書下ろしました。

語りと音楽が織りなすドラマチックな世界を心ゆくまでお楽しみください。


語り: 佐々木蔵之介(俳優)

作: 藤井香織(脚本家)
author:藤井香織, category:仕事のこと, 15:20
-, -, pookmark
諫早図書館のシナリオ講座

長崎の諫早図書館で開催されるシナリオ講座に、講師として参加させていただきました。



この講座は、諫早図書館の名誉館長、故・市川森一先生が、故郷の諫早から脚本家を生みだそうということで始められた試みです。

2011年に市川先生が亡くなられたのち、劇作家の高谷信之先生が御遺志を継がれ、毎年、夏と冬に講義をされています。

受講者の皆さんはとっても熱心な方ばかり。

初めて書く方、コンクールに挑戦されている方、中には中学生の姿も!

午前中は高谷先生とご一緒に、脚本の着想や台本作りについて体験談をお話ししました。


午後はゼミスタイル。皆さんが事前にお書きになった原稿を読み、直しについてアドバイス。

とても真剣に耳を傾けてくださいました。

この中から改稿を経て1作品が選ばれ、短編ラジオドラマとして制作されます。

どなたの作品が具現化されるのか、私も今から楽しみです。

諫早図書館には、市川先生のデビュー作である「怪獣ブースカ」から遺作となった「蝶々さん」まで、数多くの資料が蔵書されています。

温度、湿度などが保たれた貯蔵室に入れて頂くと、直筆原稿や制作ノートの数々。

貴重過ぎて目がくらみました…!!

資料の棚を見渡すと、ジャンルも媒体も多岐にわたり、ダイナミックなうえ、猛烈に多作。

市川先生のエネルギーが、今もなお伝わって来るようでした。

初めての長崎、初めての諫早でしたが、ほんとうに有難い時間でした。

author:藤井香織, category:仕事のこと, 11:31
-, -, pookmark
リアルとフィクション

最近、生涯一度あうかあわないかの出来事に遭遇した。

日ごろフィクションを考えているけど、これは、なんの展開も展望も見いだせないリアルな出来事だった。
誰も悪くないし、みんなで事故にあったようなもの。
ゴールめがけて全力疾走したら、全員で見えなかったガラス戸にぶち当たったような感じ。
悲しみとも怒りとも違う、無に近い感情。
と、いうか、あまりのことに感情が何も湧かないのだ。
やるせない、とはこんな時に使うのかもしれない。

そんな10日余りを過ごし、色んなことを感じた。
なにか起きた時の反応、その後の対応で人の素養や本質が見える。
おおげさに言うなら、生き様が見える。
自分の考えかたの芯が見えたような気もする。

ただ、身に起きたことは引き受けていきたい。
なんだか腹が据わった2019年師走のはじまりでした。

author:藤井香織, category:覚え書き, 19:00
-, -, pookmark
10/14(月)放送開始です。青春アドベンチャー「僕たちはもう帰りたい」
す青春アドベンチャー「僕たちはもう帰りたい」
NHK-FMにて10月14日(月)〜10月18日(金) 21:15〜21:30の放送です。

さわぐちけいすけ先生の話題の漫画原作を脚色させていただきました。
全5話のお仕事オムニバスです。
俳優陣はラジオドラマ出演が初めての方々も!
ぜひ秋の夜長にお耳を傾けてくださいませ。

【あらすじ】
「もう帰りたい」と願いつつ、それぞれの事情で帰れない人たちが多くいる。
なぜ帰れないのか?なぜ俺だけが、私だけが辛いのか・・・?!
そんな彼らが、日々の疲れを落としに立ち寄るのが『スナック・もう帰りたい』というお店。
個性的なママの一言がヒントになり、主人公たちが働き方に新たな視点を模索していく…。 職場で身近な問題を抱え葛藤する彼らの姿を通じて、明日の仕事にほんのりと希望を持ち、共感できるオムニバス・ドラマ。
第一話「お付き合い残業したくなくて、もう帰りたい」
第二話「板挟みで、もう帰りたい」
第三話「無茶ぶりされて、もう帰りたい」
第四話「あの頃の自分に、もう帰りたい」
最終話「居場所がなくて、もう帰れない」

【出演者】 木野花 石田法嗣 森田望智 大西信満 映美くらら 渡辺いっけい 岩谷健司 浜田信也 逢笠恵祐 鹿野真央
【原作】さわぐちけいすけ
【脚色】藤井香織
【音楽】内山修作
【スタッフ】
演出:小島史敬
技術:山田顕隆
音響効果:今井裕

聴き逃し配信もあります!
詳しくは番組ホームページをご覧ください→




author:藤井香織, category:仕事のこと, 09:00
-, -, pookmark
本日より五日間放送「夜の停車駅2019夏」
かつて1980年代に放送されていたラジオ番組「夜の停車駅」が、2019年夏の特番として、装いもあらたに復刻します。
今回もかつてと同じく、名曲と共に掌編ドラマをお届け致します。
8/5(月)〜8/9(金)23時から五夜連続で放送。 語りは佐々木蔵之介さんです。

朗読から一人芝居まで、時に切なく、時に笑え、時に泣ける、そんな五編の物語。
夏の夜のひと時、毎日変わるストーリーを、名曲と共にお楽しみください(^ ^)

番組へのメッセージもお待ちしてます。
番組サイトはこちら


番組紹介ページより。
【番組紹介】
愁いを帯びた静かな語り、ちょっと切ないスクリプト、その展開や結末を誘うような抒情的な旋律…
エッセイ風の物語を選りすぐりのクラシックの名曲を交えてお届けします。
今回の語り手は、テレビや映画、舞台で大活躍の俳優・佐々木蔵之介。
スクリプトは、数々のラジオドラマを手掛ける気鋭の脚本家・藤井香織。
夏の夜を爽やかに彩る書き下ろしの5話を5夜連続でお送りします。語りと音楽が織りなすラジオならではのドラマチックな世界を心ゆくまでお楽しみください。

語り: 佐々木蔵之介(俳優)


作: 藤井香織(脚本家)

<放送予定>
8月5日(月)午後11:00〜11:50
第1話 屋根裏の同居人
8月6日(火)午後11:00〜11:50
第2話 豊かな人生
8月7日(水)午後11:00〜11:50
第3話 マドンナの思惑
8月8日(木)午後11:00〜11:50
第4話 避暑地のきらめき
8月9日(金)午後11:00〜11:50
第5話 真夏のパンジー
author:藤井香織, category:仕事のこと, 14:19
-, -, pookmark
6/29(土)FMシアター「悲しいくらいの幸運を」が放送されます
土曜ドラマ9「やじ×きた」をご覧くださってありがとうございました。
最終回は迎えましたが、まだまだ弥次喜多は旅を続けることでしょう(^^)
29日までTVerで見逃し配信中★です。

さて、6/29(土)22時からNHK-FMにて放送のラジオドラマを担当しました。
被災地に生まれ育ったけど、被災しなかった。その罪悪感に苛まれる「中間被災者」が主人公です。
災害が増えた昨今、どこかにいるかもしれないヒロインが、8年間の想いに向き合う旅路を描きます。
ぜひお聴きください!
★番組HP★

FMシアター「悲しいくらいの幸運を」

【出演者】
朝倉あき 忍成修吾 平田裕香 今藤洋子
渡部ギュウ 佐々木久美子 松崎太郎
【作】藤井香織
【スタッフ】
制作統括:飯田健治
演出:中村俊介
技術:前川陽州
音響効果:遠藤正昭
(仙台局制作)

【あらすじ】
眠る中、早峯明日香(朝倉あき)の脳裏に鳴り響く、波の音。それが彼女を眠らせない。
あの日、わたしが聞かなかった波音。わたしが体験しなかった哀しみ。
東京でOLとして働く明日香は、被災地に生まれ育ちながら、家も家族も皆無事だった。そのことに、大きな罪悪感を抱えて生きている。
親友の麻衣(平田裕香)結婚式のため、東北新幹線「はやぶさ」に乗って仙台へ向かう。全席指定席、隣りの席に座る男の顔を見てハッとする。かつての恋人、大友哲平(忍成修吾)だった。
「あれから、どうしてた?」
二人の会話が始まるが、ぎこちない。東京から仙台へ向かう中、徐々に震災時の記憶を思い出す。
そして、哲平の言葉が明日香の頭に響き渡る。
「君といた時、俺の家と家族は、波にのまれていたんだ――」
東日本大震災から8年。「何も失っていない」被災者がその苦しみと向き合う物語。




author:藤井香織, category:仕事のこと, 22:33
-, -, pookmark
土曜ドラマ9『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』第十話

4月から放送中の『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』

第十話「お伊勢さんの奇跡」脚本を担当しました。

江戸から伊勢を目指して旅する弥次喜多。

ついにお伊勢さんのおひざ元にたどり着きますが、

そこで身も心も清まりますやら…?!

6月8日21時、BSテレ東で放送です。

予告編はこちらをクリックしてご覧ください→

個人的には派手めな立ち回りをしていただいて、嬉しい限りです!
旅の絵日記
スケスケしい一コマ漫画と、
スタッフさんの叡智を結集したメイキング写真をご覧ください!

今回は、月刊シナリオ教室6月号にシナリオを掲載されています。

インタビュー記事には「やじ×きた」についてもお話ししています。

もし宜しければ、ドラマとシナリオ合せてお楽しみください!

author:藤井香織, category:仕事のこと, 00:39
-, -, pookmark